家探しは十分な余裕をもって行いましょう!

以前、会社の都合で住んでいた佐賀市の家を建て替えるので、仮住まいに引っ越してほしいといわれました。
しかし、ちょうど我が家では翌年に持ち家をして引っ越しをしようと考えていました。
とすると時間的にうまく行っても2回、最悪は3回の引っ越しをこの1、2年ですることになるわけです。
これは面倒だということで前倒しで、建売住宅を探して持ち家にして、引っ越しをすれば1度で済むわけなのですが、ここ4,5か月のうちで適当な建売住宅が見つかるかということでした。
見つけるのはそれ相応の時間をつぶさないといけないし、この調整も苦労しました。

ちょうど秋に建て替えのための一時引っ越しを言い渡されたので、子供の入学・入園に都合の良い翌年の3月までには探して決めようと、一応名の通った不動産屋さんに相談しに行きました。
通勤時間はDoor to door で1時間~1時間半という条件と車庫があり、幹線道路からあまり細い道を通らないで家まで行けること、最低3部屋は欲しいなどでした。
下見期間で5~6件の物件を見て、ここならばよいかなというところを親にも一応見てもらってから決めようと思い、後日見てもらってOKだったので、不動屋さんへ契約の話をしに行ったら、先客が1人あるので優先順位は2番目ということになりました。
そこで、時間もあまりなくなってきたので、手当たり次第に街の不動屋さんへ行き、条件に合った物件を探しました。
その結果、何とか中庭を部屋に改修すれば大丈夫な物件があり、そこに決めました。

私の場合から言えば最初に気に入ったところがあったら、先ずは手付(どうすればよいのかは不動産屋さんに確認)をするべきだったなと反省しました。

家探しは十分な余裕をもって行いましょう!」への1件のフィードバック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です