自分のイメージ通りの外壁材を探すには

外壁について、もともと夫婦でそれぞれイメージする雰囲気があって、まずはそれを設計士の方に伝えるのが苦労しました。
いざ説明してもらったらもらったで、今度はイメージしていた感じの外壁材がなかなか見つからず、カタログを見ても、触ったらどんな感じなのか、遠くから見たらどう見えるのか、よく分からなくて困ってしまいました。

まずは分からないながらも、イメージに近そうなメーカーの商品をいくつかあらかじめチェックしておきます。
そしてそれをもとに展示場や内覧会に足を運び、実際に見てみて、素材感や手触り、掃除のしやすそうかどうか、遠くから見てみた時の柄や色の見え方の違いを確認して、候補を絞りました。
さらにその残った候補の商品のサンプルを取り寄せ、日光に当て、日中の時と夕方西日の時の見え方の違いをチェックしてみました。
すると蛍光灯の下では分からないことも確認できました。
こうして無事に希望の外壁材を見つけることができました。

外壁材はメーカーも商品もたくさんありますので、どんな色にするか、一色にするかバイカラーにするか、 どんな素材を選ぶか、平面的なものにするか立体的なものにしそるか、一から十まで決めなくてはいけなくて大変ですが、譲れないポイントから優先的に決め、最後は直接見て決めるのが1番だと思います。