家を建てる際の書類はファイリング推奨

注文住宅でマイホームを建てた場合はとくに、書類関係をとっておくことです。そしてさらには、見やすいようにキレイにファイリングしておくとなお良いというものです。「建てたら終わり!」とばかりに、それまでの書類を一式捨ててしまう人もいますからね。

いや、捨ててしまうまではいかなくとも、封筒に入れてしまい込んで数年後にはどこにあるのかも忘れてしまっているという人も決して少なくはないものですから。けれども、とくに注文住宅の場合ですと、「それでは困ったことになる」というものです。

見積書はもちろんのこと、施主支給品の発注書までちゃんとファイリングしておくことをオススメします。なぜなら、故障時にすぐにファイルを取り出すことができれば、製品の型番からすぐに発注をかけることができるからです。また、購入当時の書類が残っていれば価格についてもすぐにわかりますからね。「今直すべきなのか」それとも「ボーナスを待ってからでもいいのか」という判断だってしやすいでしょう。ですからこそ、家を建てる時の書類は整理整頓して取っておいた方がいいのです。