初めての自宅兼店舗の建築での体験

自宅兼店舗の新築を注文住宅で購入した時の事でした。
基礎工事から建物工事、内装全て住宅メーカーでお願いするつもりで要望、プランと進めていったのですが、店舗の内装、デザインが特殊であった為、イメージもうまく伝わりにくいにくかった所もありました。
外構のイメージも、どうしても自宅用の庭のイメージになってしまいました。

結局、建物、自宅の内装、自宅の玄関周り、配管、配線は住宅メーカーの方でお願いし、店舗の内装等は、施主(店舗経営者)自身の仕事への想いが伝わりやすい、地元の工務店にお願いし、二社の建築会社とのやりとりが始まりました。
とは言っても、住宅メーカーからの引き渡しが終わってからの店舗の工事になる為、配管、配線、排水管など、自宅との共有での工事に関しては、施主の私自身で伝えにくい所もあり、店舗工事が始まってから、食い違う部分も多少あり、専門職の知人に相談し、立ち会ってもらいながら食い違いを修整していきました。

まず、早めからの情報収集と、自分の中でのプライニングは大切だと思います。
一つの建物に二社以上の業者が入る場合は、予め、早めの顔合わせを済ませ、双方の担当者同士でのやりとりとして進めていくのが良いかと思います。
施主は、イメージを伝えるだけで良いのかと思います。できれば、一社での建築会社でお願いする場合がスムーズに運び良いかと思います。